looking for the part of light in the KOYA

2016年賀おわった

2016年は、これまで僕が好きだった世界などが終わったんだなという事を感じる年でした。
また、彼女を作るという目標を掲げておりましたが、彼女が欲しいという欲望を保持することができなくなりましたので未達です。
僕は猫と生きる道を行きます。

2016年を振り返ってもっとも思い出すのはDeNA事件です。これは非常に象徴的でした。

コピペ文書でコンテンツを作成するサイトの害悪を非常に感じています。
今現在、インターネットで何かを検索したとき、表示される大部分がアフィリエイトサイトです。
これらのサイトは書かれている内容がオリジナルではないので非常につまらない内容になっています。
検索すれば似たような情報が出てくる=情報としての価値が薄いです。
自分で体験したり、考えたり、検証した内容ではないのでリアリティがなく薄っぺらいものです。

なによりも、その目的は情報や意見を示すことではなくアフィリエイトです。
アフィリエイトのために構成された文章なんて読んでいて楽しくありません。

インターネットで検索して出てくる情報がこんなものばかりになってしまうなんて、僕が大学生の頃からしたら信じられません。

僕が大学生の頃。僕は完璧にぼっちでした。ぼっちやコミュ障という言葉すらなかった時代です。
でも僕は寂しくはありませんでした。社交不安障害の症状が出てましたが、リア充になりたいとは思ってはいませんでした。
なぜならインターネットがあったからです。
インターネットは、友達がいなくても過去問が手に入り、リアルに社交しなくても2ちゃんねるで人の本心をのぞき見することができる魔法のツールでした。
そして、インターネットはオープンソースとフリーの思想によって作られた夢のカリフォルニアでした。
それは現実的な束縛から解放され、情報そのものに触れることのできるイデアの世界だったのです。
ネットがあればコミュ障の僕でも大丈夫、そう思わせてくれるものだったのです。

ところが、今のネットきたらそびえ立つクソの山です。
蔓延するのはアフィリエイトのゴミクズです。

ひところ昔の個人の日記ブログが流行した時代よりさらに悪いです。日記ブログは少なくとも実際に生きている人間の体験や考えが書かれており、オリジナルではありました。しかしアフィリエイトサイトはただのコピペなので情報価値はなく、オリジナルでもないので価値がありません。
さらに、あたかも客観的な情報であるかのようにデタラメを書いているので、便所の落書きを新聞広告に載せているようなものです。新聞を読んでいると思ったら落書きを読まされているという事態に耐えねばなりません。
ネット検索で役に立つ情報が見つかるなんて考えてたら情弱確定です。まじアフィカス死ねやって感じです。

DeNA事件は、僕にとってコミュ障の味方だったネットカルチャーの終焉を見せつけられる出来事でした。



2017年の展望

People In The Boxの逆光という曲を僕の個人的な新年の曲に認定しました。
2015年の曲だけど、僕がこのバンドを知ったのは2016年末でした。僕は今後この曲を聞く都度に2017年初を思い出します。

僕は基本的にポストロックやmath rockが好きなんですが、この手の細めでエモい声はどうしても日本だとバンプオブチキンが成功モデルとしてあり、そのまんまコピーのRADWINPSとか僕はどちらもちょっと無理なのですが、このPeople in the Boxはテクニカルな構成と容貌に少しゲスの極みっぽさがありつつも、女子度がゼロのため嫌悪感が湧くポイントがなく、歌詞についても若干セカイ系ではあるものの、本当にポストモダーンな世界観を示しており、とても好感度高く思います。

さて、何事も立ち位置で判断されがちな世相だと感じております。
だからこそ文脈から切り離された場所でも意味の本質を追求する姿勢を貫かなければならない、そのように思います。それは具体的には何のことなのか。

でも別に僕はそれを具体化しなければいけない責任なんか誰にも負っていないないから勝手にさせろという事です。
本当に嫌悪感が湧くものばかりです。
僕が嫌悪感を抱くものとは正反対のすばらしいものを僕が作り上げるか、僕がそのようになってやろうと、そのような気概を抱き続けたいものです。
スポンサーサイト

ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。