looking for the part of light in the KOYA

美容室にコストをかけることにした

そこそこの美容室に、月1くらいのペースで行こうと思いました。

僕がどん底の時、髪を切るのは二ヶ月に一回くらい1000円カットでした。
3年くらい前からは2500円くらいのリーズナブルな美容室に行っていました。

僕は髪が伸びるのは早い方だと思います。
髪を切ってから二ヶ月もたったらかなりのモッサモサで、
染めてもいないので重い事この上なく、
その印象は「ザ・根暗童貞」そのものって感じになります。

先日ふと、髪型をもっと短めにしようと思い立ちました。
今年の目標はもうちょっと男らしく、なので。

そこで髪型を変えるにあたっては、相談料も含められるとこにしよう、
と思って、以前一回だけクーポン利用で3500円でカット&ヘッドスパしたところで、
前回切って貰った美容師を指名して予約してみました。
美容室で担当を指名するのは初めてでした。

そして美容室にいってみると、その対応の違う事。
カットをすごく丁寧にやってくれるのは当然といえば当然なのかもしれませんが、
コミュ障の僕とも会話の成り立つ高度なコミュ力を備えており、
また、安らぎを覚えるほどの気遣いを繰り出す接客にちょっと感動するほどでした。

美容師は30代前半の女性ですが、かなり可愛らしく、
よく考えたらそれだけでもうお金払うレベルなのかもしれません。
髪の毛が切って外見がマシになって、コミュ力と美容レベルの高い女性とお話出来て、
さらにそれは自身のコミュ力の改善にも役立つ可能性も高い事が4000円で得られると
考えると、これは非常に安いと考えるのが妥当であると思えました。

世の中の美容室はもっと高い所が沢山あり、そういうのと比べれば
カット4000円はむしろ安いほうの部類なのかもしれません。

しかし、それ以下のところばかりにいっていた僕は初めて、そのくらいのところで
そして指名をしてみたら今まで受けた事がなかった効用を得られてえらく感動しました。

お金をあまり持っていない僕は、意味のあるお金の使い方について目下考え直し中ですが、
月1ペースでこのくらいの美容室に行くのは、費用対効果がかなり高い、
よい買い物なのかなぁとおもった。

それだけのことを書くのに、思いのほか文字数を要した。
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。