looking for the part of light in the KOYA

見てる。

wall.jpg

学校のクラスにいた、誰ともしゃべらなかった子が私なのですが、
マジで誰かとおしゃべりしたくないので問題ありませんでした。
ただ、いろいろな情報が得られなかったりとか困ったこともありました。
でもその後、インターネットが普及したので誰とも喋らなくても
割と簡単に情報が得られるようになり、それで十分幸せな時期が続きました。

しかし私は人間なので、まだ問題があったのでした。
それが感覚の問題だったのでした。
他人が何を感じてるのか分からない事は、コミュ障になるって事なんですが、
他に、世界の認識の仕方を学ぶことができないって事もあったんですな。

光のかけらが見つからないのは、光のかけらを見つけるスキルが足りないという事です。


東京都現代美術館で、
「驚くべきリアル」展と、「フラグメント」展があったので行ってきました。
本当はどうでもいいんだけど、他にやる事がないので光のかけらを探してる私には
じつにピッタりの光のかけらの見つけ方を勉強できる展示だった気がします。

ジョアン・フォンクベルタと宮永亮、福田尚代が良かったです。


アルギニンのサプリを増税前に大量に買いました。これを寝る前に飲むと、調子いいです。
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。