looking for the part of light in the KOYA

読書感想文:恋愛マトリックス/その他

オナ禁ブログ業界では、マトリックスといえばオナ禁神学の件の教義になってしまいますが、
今回は「ぐっどうぃる博士」という生命科学の博士号をもつ人の、
「恋愛マトリックス」という書籍についてです。
なんて胡散臭い名前なんだ……と思うけど、割と評判がよいようなので試しに読んでみました。

サブタイトルは「相手を思い通りにする究極の恋愛戦略」。
男性に大切にされるベストポジション
彼にとって興味の対象外のあなたでも恋人に昇格する方法、
そして、彼の気持ちを再燃させるには?
恋の悩みはすべて「恋愛マトリックス」で解き明かせる!

との事で、女性向けの本です。
が、理論的なので男性が読んでも十分役に立ちます、とamazonレビューに書いてありました。

で、読んでみましたが、恋愛について何も知らない僕はすごく納得しました。

まず、男の払うことになるエネルギーコストは、市場価値と距離感によって決まるとしており、
それは4つに分類できます。
①(女性が)手に入らない距離 → コストゼロ(男の努力の限界を超えている)
②(女性が)手に入った距離   → コストゼロ(男が慢心する)
③(女性が)手に入りそうな距離  → コストが女性の市場価値に応じて最大化する
④生理的に無理        → コストゼロ(……)

したがって、いい女すぎる人はもう少し隙をみせるのがいいし(①→③)、
恋人が慢心してるなら距離を置く(②→③)という戦略をとればいいことになる。

(なんかよく聞く話しだけど、そんな情報は僕にとって役にたたない・・・!)

そして、肝心の恋愛マトリックスです。
これは、すべての恋愛現象は、恋愛感情の2区分と自己保存心の3区分で説明できる、というものです。

恋愛感情:|     性的興味あり    |     性的興味なし       |
自己保存:| 生存を助ける |  生存を脅かさない  | 生存を脅かす |
   好き←                                 →嫌い

左側になるほど相手を好きになるし、右側になるほど相手を嫌いになる。
でも、注目すべきなのは太字になっている「強い力」です。
気持ちの変化や行動を起こさせるのは、この強い力がある時になります。
つまり、性的興味ありの人が生存を脅かさないなら、すぐに好きな状態になります。
しかし、性的興味がない人がどんなに生存を助けたとしても、好きの状態にはなりません。
(でも長期的なスパンでみると、何かのきっかけで好きになるかもしれないという希望がある)

何でしょう、性的魅力なんてつけようとおもってすぐ身につくようなものじゃないので、
とりあえず相手の生存を助けるような親切な人間になっていくしかありません。
なんていう、つまらない感じの感想になってしまいますが。


しかし・・・・・・
この間、僕はレンタル彼女を利用してみて強烈に気付きました。

自分は女性を前にするとすごく緊張してまともな思考や行動ができなくなる事でした。
猛烈に汗をかいて口が乾燥し、めまいもしてきそうでした。
オナ禁を続けて心を冷凍状態で安定させていた時にはなりをひそめていた
対人恐怖の症状が戻ってきたかのようでした。
(以前風俗にいった時にはそんなに緊張はなかったので、たぶん好かれたいと思う時だけ出るんでしょう)

だから、そんな状態では「生存を助ける」にカテゴライズされる親切で感じのいい人ではなく、
頭もろくに動かないので気もききませんし、気持ち悪い人にしかなりません。

まずこれをどうにかしなければいけないと思いますが、どうすればいいんだ・・・


今月のミッションを何にすればいいのか分からないです。
今週末までに何か決めたいと思います。
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。