looking for the part of light in the KOYA

何かに憑かれているような気がして、だからアボリジニの踊りでもすれば憑きものとか落ちるんじゃないかとかよく思う

                          


ここで身動きがとれない静かな恐怖
この空間は僕の心をつかまない
曇った目覚めは若い間違い
それが身につけていたもの

僕が眠りに満たされてなにも見えない間
それが僕の黄金の夢
でも起きてみれば それはありふれたもの

でも待って 水たまりに捨てないで
魂の熱を感じて
ぜんぶ自分を通して

まだうだうだ言葉をかきまわしてたり
僕は自分の時間の製作者だ
壊れた計画にしがみついてる虚弱さには
嫌気がする

ただ黙って寝床をつくる
そんな素直さが落ち込ませる
まっすぐに立っていたのに もうそこにいなかった
だからなくなってしまった

でも待って 水たまりに捨てないで
魂の熱を感じて
ぜんぶ自分を通して
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。