looking for the part of light in the KOYA

オナ禁による人間開発(マズローを殺せ)


マズローの欲求5段階説という有名なやつがある。
欲求には段階があって、下から「生理的欲求」、「安全欲求」、「社会的欲求(帰属欲求)」、「尊厳欲求」、「自己実現欲求」があるというやつ。また、マズローは後で6番目の「自己超越欲求」も追加している。
下にある欲求が満ちると上位の欲求を満たそうとするという。

これを初めて知った時、僕はこれに反感を持った。そしてまた現在も持っている。
僕は神経質だから「安全欲求」も十分に満たされないし、「社会的欲求(帰属欲求)」を得られる事もないだろうから、それ以上のものも得られない事になると思ったからだ。

しかし、オナ禁はこのピラミッドを粉々に粉砕する魔術だった。
オナ禁は自分の意思で生理的欲求を満たさない事だ。
長期のオナ禁をしていた時に何度も何度も自分に問いかけていた。
「一体なぜ、こんなことしているんだ?」
僕はその理由を考え続けた・・・

しかし、それでもオナ禁を続ける時、それはある種の「自己実現」だった。方向性も「自己超越欲求」へと向かっていた。(達成してはいないが)だから、僕は年収の低い派遣社員で友達も彼女もいなくても別によかった。

そして下位の欲求を満たす事をやめることを自分に強制することが、欲求の向かう方向性を捻じ曲げる効果があるという経験を、僕は得た。
なぜこんな効果があったのか。自分の人生の目的を、性欲がわくたびに考えなければならなかったからだと思う。
木の低い場所にぶら下がっている果実を取らないのは、自分にはやる事があるからだ、と自分を洗脳したのだ。


しかしデメリットは、性欲がなくなってくるとこの効果を得られないことだった。
性欲がわけば人生の目的を考えたのに、その瞬間がどんどんなくなってしまうからだった。

そんな時には、どうすればいいのか。
もう、チャレンジしていくしかない。
若いときに頭に浮かんだやりたいことを、本当にリアルに一つずつ潰していくしかない。
どうでもよかった事は忘れてるから。
とりあえず、僕は来年初頭に、今年出来なかったフルマラソンをやる。


でもただ一つ言えること。それは、
性欲があるのにオナ禁をしないのなら、それは本当にもったいないという事。
貧乏で孤独で才能もない若者なら、オナ禁をやるしかない。
それだけでマズローを殺せる。
スポンサーサイト

ホーム  次のページ »

自転車で疾走するモルモン教徒がハーイと言ってきた。僕はまつもとゆきひろを思い出した。

オナ禁にはもう興味がない。
禁欲にも興味がない。
僕は欲望に悩まされる事はなくて、欲望の無さについて悩んでいるからだ。
欲望がないという事は、僕が素晴らしい未来に向かう事ができないという事だ。

欲望がない人間には、合理的な判断をする事ができない。
何に対して合理的だと言える対象がないから。

信じることしかできない。
信じることは不合理なことだ。
しかしこの不合理さから全てが始まる。
その後の行為や判断は、すべてその不合理性に捧げられる。

失ったもの。
帰りたい場所に満ちているもの。
それは純粋さの中心。
光のかけらがすべての光に通じる場所。

人間に問われているのは、どれだけ一点集中して狂っているかということ。

ホーム  次のページ »

追加したい習慣と、そんな気がするやつ

数週間前頃、体調が悪かったり少し忙しかったりで運動をせず、ストレッチもしていませんでした。
そうしていたら、その影響が驚くほど迅速にやってきました。
もともと筋肉が少ないのにさらに筋肉が目に見えて衰え、背筋は曲がり、肩こりと血行不良が現れたのでした。

これはいかんとランニングと水泳をして、ヨガを連日するようにしてようやく回復し始めました。

アラサーにもなると、身体はケアしていないとすぐに衰えてしまうという事をものすごく感じます。
特に肩と股関節の柔軟性および付随する筋肉というのは日々意識して保つようにしないと衰えが早いです。
デスクワークだけの生活だとほとんど使わないけど、動く時には見た目とパフォーマンスへの影響がすこぶる大きいです。
生活は体型に出る、と言います。
生活を律してパフォーマンスが出るようにしたいものです。

あと、僕は話す仕事ではないし、普段からあんまりおしゃべりをしない。声を出すための筋肉の衰えが激しいです。
この問題を解決するためには、高速音読が大きな効果を持つようです。
単純に口の筋肉を鍛える効果がありますが、ベアフットランニングが脳のワーキングメモリを増やす効果があるのと同じように、高速で音読を行う事で、文字の認識-言語の認識-意味の認識-発話、の回路に注意力を注ぐことで、脳神経を物理的に強化するらしいです。
なので、高速音読はできる限り毎日おこなっていきたいと思います。資格試験のテキストや英語の学習でそのまま使えそうです。

そしてふと、ヨガしてから読経する、みたいな坊さんの生活は割と合理的に高い生産性を持つ修行方法だったんだな、という事に気付きます。




さて、今年中に彼女つくりたいのに、まったく目途が立たないしどうしたらいいのか分からないままなのですが、
なぜか、「東京都北区赤羽~埼玉県さいたま市浦和区の在住の女性と、東京都品川区南部で会う」という妙な具体性を持つ謎の観念に取りつかれています。なんなんだこれは。

バイクでツーリングしたいという欲望があり、まず普通二輪免許を取ろうかな~とか思っているのですが、ひょっとして教習所での出会いなぞないだろうかと思ったりしています。



ホーム  次のページ »

マインドセットを変えてくしかない

オーディエンスの前でセミナーを行うというリアルなミッションを無事終えた。
出来は満足できるものとは言えないが、大きな失敗はなく、無難な出来栄えだった。

僕はひとつ、なにかやり遂げた気分になった。
それは気分いいことだった。


翻って、僕はこれからどうしていけばいいんだ。
今いる小さな会社に、定年まで勤めることは完全に無理。会社が続かない。
とにかく何らかの市場価値をつけて転職できるようになるしかない。
そのリミットはあと2年だろう。

3年後の自分がどんな世界の中にいるのかを想像する。
(その中の一つに彼女作るも含まれる)
3年後を見ながら四次元生物となる。

無自覚な習慣を排除する。
意図的な習慣を定着させる。

ホーム  次のページ »

荒野を進んで抜けたいです。

================
荒野の定義

■荒野の環境 荒野にはリソースがない。
限られたリソースで生きるためには、
 - 無駄な行動があってはならない
 - 余分なものは持ってはならない

■荒野には猥雑さがない
 - 人口の多さからくる汚染が少ない
 - 放蕩や傲慢、怠惰の醜さがない

■荒野で生まれた人はほとんどいない。
- 多くは文明社会の中で生まれ、そこに留まれずに荒野をさまよう事になった人。
- でも荒野の清涼性を好む人がいるのは不思議ではない。
- しかし荒野でずっと生きる事を選択するなら放浪者として先にあるのは死のみ。
================

文明社会のなかに、生きるためのニッチがないから荒野に行くしかない。
荒野では、文明社会のなかの猥雑さや醜さに対する嫌悪感として現れる、
なぜか抱くことになった自身の美意識を満足させてくれるのは事実だ。

でも本当の目的は自身の美意識を満たすエリアで生活することで、
でも、負け犬だから荒野に逃げ込んでいると負い目を持つ必要はなく、
荒野にいるのが耐えられる以上はずっと進んでいけばいい。
それで元いた場所とは違う、荒野じゃないエリアに行ければいいと思う。
荒野ラブな気持ちが起きるのは、荒野を進んで突き抜ける以外ないからなんだと思う。

そんな心象風景についての文章を、中二病的なことを恐れず記録する感じのやつ。

ホーム  次のページ »

■ プロフィール

SKM

Author:SKM
妄想が世界の超内向的なアラサー。
中小企業勤務の底辺リーマン。

■ フリーエリア

■ 検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。